お食い初めはいつがベスト?

お食い初め いつ

赤ちゃんが生まれるとさまざまな行事がありますよね。近頃定番の赤ちゃん行事といえば、お食い初めではないでしょうか。

 

お食い初めとはその赤ちゃんが一生涯食べ物に困らないようにと願って行う儀式のことですね。このお食い初めはいつごろ行うのがベストなのか、そのマナーについて詳しく紹介していきますね。

 

お食い初めは赤ちゃんが誕生してから100日目に行うのが一般的になりますね。これは地域によってさまざまであり、110日目、120日目に行う地域もあるようです。

 

基本的には100日ですが、正確に生後ピッタリ100日に行う必要はありません。適切な目安としては生後3か月から4か月くらいですね。これもあくまで目安です。

 

赤ちゃんが誕生してから初めてのお祝いですから、できれば家族、両家の両親が顔を揃えられる日がいいと思います。お食い初めのマナーですが、食器は新しい物を用意してあげたほうがいいですよ。

 

正式には漆の器で高台の御膳を揃えるのがマナーになりますね。

お食い初めの宅配なら東京正直屋のお食い初めセットが手間いらずで楽チン!

東京正直屋

お食い初めはお子さんが誕生してから初めて迎える儀式の一つです。せっかくやるなら、本当に良いものを自分の子供に与えたいですよね。

 

自宅で簡単に高級料亭のお食い初め料理が味わえる採食ひろばというお食い初めの宅配サービスがあります。

 

採食ひろばで宅配を注文すればお食い初めに必要な料理や食器一式が全てついていきますので、あえて自分で用意する必要がありません。

 

お食い初めを行うのは赤ちゃんが生後3か月から4か月の時期ですから、高級料亭に連れて行くのも大変ですし、泣き出してジジババのご機嫌を損ねてしまったらと考えると落ち着いてみんなで食事をとるのも難しいものです。

 

でも、こういったお食い初めのデリバリーサービスを利用すれば自宅でも高級料亭の味を楽しむことができますし、他のお客さんに気兼ねすることなくお食い初めをゆっくり満喫できますよ。

 

⇒お食い初めの宅配なら東京正直屋

お食い初めに関するマナー

お食い初め マナー

初めて赤ちゃんが誕生すると、子育てから何まで戸惑うことが多くありますよね。また赤ちゃんが生まれてから初めて赤ちゃんのための行事があることを知ったと言う方も少なくありません。

 

お食い初めという儀式があるのですが、それは赤ちゃんが誕生してから初めて行う儀式の一つになりますね。お子さんの健やかな成長と一生食べ物に困らない事を願ってこの儀式が行われます。

 

お食い初めに関するマナーもありますので、覚えておくと役立ちますよ。まずお食い初めですが、誰を招待したらよいのでしょうか。

 

昔は親戚や親しい知人を交えて行われていましたが、現在はごく近しい身内だけで済ませるケースが増えています。また都合により両方の両親を呼ぶことができない場合は、両親と赤ちゃんだけで行っても問題はありませんね。